アーユルヴェーダとヨガの融合スペース『HIBIKI』です。2009年8月新所沢にオープンしました。


by hibikispace
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

ヨガセラピー

インドの伝統的な「ヨガセラピー」の勉強を続けています。
日曜日の講座に通っているため、昨日はクラスをお休みして、講義に出席してきました。

ヨーガ・ニケタンというところで、インド中央政府公認のヴィヴェーカナンダ財団が運営しているプログラムを日本で学んでいます。

長期的な勉強で、通常3年かけて取得するプログラムで、前期が1年、後期が2年で、現在後期の2年目・・・。今年は、糖尿病や高血圧、腰痛といった症例の西洋医学的な原因とその対処法、ヨガセラピーのアプローチについて学びながら、ヨガを行うことによって生じる変化を生体データを記録し、心理テストを行い、ヨガの効果を研究中です。

西洋医学の治療とは違ったアプローチで、代替医療、ホリスティック医学と言われるアプローチのひとつがヨガセラピーです。
現代では、多くの学者達が研究を進め、私が通っているクラスでも医師が2名勉強されています。来月アメリカの学会で精神疾患とヨガセラピーについて発表するとお話されていました。
また、チェルノブイリの被爆者の皆さんにヨガセラピーが行われています。自己免疫力が向上できるのではないかという臨床も日本のスタッフが行っているそうです。


西洋医学とヨガセラピーの違いは、病にフォーカスするのが西洋医学。
その人のライフスタイルや生活歴と言われる生育歴、家族の状況など、「人そのもの」「その人の人生」「社会」にフォーカスするのがヨガセラピーです。


西洋医学でいう病が治れば、人は幸せになれるのでしょうか?
ヨガでは、病は今抱えているものの一つであり、肉体レベルで起こっていることと捉えます。
病は気から・・・という言葉ありますが、心と体はつながっているという考え方に基づき、心のレベルで起こっていることも同様に重視します。

だからといって、西洋医学を軽視しているということではなく、ヨガセラピーを行うことによって、心と体を共に健康に導こうと考えているのです。

アーユルヴェーダも同様のアプローチです。「人を診ています」とHIBIKIのパンフレットにも書いていますが、ヨガとアーユルヴェーダは、心と体を一つと考えています。

現在、体調不良で通院されている方でも、医師から運動することを禁止されていなければ、ヨガやアーユルヴェーダを取り入れていただくことで、より楽に生活できるよう、お手伝いしたいと思っています。

昨日は、リウマチ・関節炎とヨガ療法を学びました。
リウマチは自己免疫系のトラブルによるもので、完治が難しいといわれる疾患です。ヨガは、リハビリに取り入れられている例もあるそうです。またメンタルな支えとして、ヨガの効果を研究されている例も報告されています。

知識と実践を重ねながらヨガは現在も進化し続けています。
HIBIKIでも、最新のヨガの知識を取り入れ、みなさまのお役に立てるよう、質の高いクラスがご提供できるよう、学び続けていきますので、よろしくお願いします。
[PR]
トラックバックURL : https://hibikiau.exblog.jp/tb/8892150
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by hibikispace | 2009-08-31 16:58 | YOGA | Trackback | Comments(0)