アーユルヴェーダとヨガの融合スペース『HIBIKI』です。2009年8月新所沢にオープンしました。


by hibikispace

<   2013年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

石も日光浴☆

隠れメニューのストーンセラピー。

玄武石の熱がじわぁ~っと深部まで浸透するので
冷えの強い方や妊婦さんなどに時々使用しています♪

使用後はこうして日光浴。
a0132702_15275168.jpg

お布団を干した時の柔らかいぬくもりと同じように
石も光を浴びてホッコリし喜んでいるようです058.gif

今日も自然の恵みに感謝☆
太陽のエネルギーをチャージして次の出番へ!
[PR]
by hibikispace | 2013-10-28 15:27 | everyday | Trackback | Comments(0)

摩訶不思議インド

真面目な話が続いたので、ちょっと休憩(笑)

インドは行くたびに、他の国ではあまり感じない
不思議な面白さがあります。

「時間」
まずいきなり、出国から。
a0132702_21125463.jpg

11:30のエアインディアのフライトの出発時間が11:20に!!
遅れるのはよくありますが、早くなるってビックリ(@_@;)
本当に10分早く成田を飛び立ちました(笑)

「ホテル?」
デリー到着日の夕食で向かった南インド料理のレストラン。
「ホテル・サラヴァナ・バヴァン」
a0132702_21201066.jpg

ホテル??
インドでは「ホテル=レストラン」なんだそうで
レストランは通じないよ~と言われました(笑)
デリーで2本の指に入ると言われる
南インド料理ヴェジタリアン店で美味しかったです!
a0132702_21214366.jpg


「看板」
a0132702_21261710.jpg

お祈りの場所や瞑想センターなどに入る時などは履物を脱ぎます。
日本だと、「ここで靴をお脱ぎ下さい」や「please take off your shoes here」
と書かれますが、こちらの方が可愛いですよね(^O^)

「メイド・イン・インディア」
a0132702_21322741.jpg

やはり私たちは日本製が一番!と思う事が多いですが、
インドの金物類はとても良く出来ている物が沢山で
このピッチャーはお水を注いだ後に一滴もつたってこぼれず
お水を飲む度に感動していました。
インド人、醤油注し作ってくれないかなぁ(笑)

「気配や気を敏感に感じ取るインド人」
写真の男性がバット先生の病院Holy Family Hospitalの施設を
案内して下さったのですが、私たちに彼が完全に背を向けて
先を歩いていた時の事。
a0132702_21401292.jpg

大勢の患者さんの中を通りぬけて、ハーブ園に行く途中
アツコ先生が立ち止まると随分先を歩いていた彼は
いきなり振り向きました。え、なんで気付いたの?
a0132702_21472574.jpg

↑この距離です。
その他にも町で私たちが決断に迷って立ち止まっていると必ず
誰かに話しかけられたり案内されます。
決して地図などは出していませんし、ちょっとした時間なんです。
インド人は頭がいいだけでなく
動物的感というのか、気を感じ取る力は失われておらず。
空気が読めない人が増えてきていると言われる日本。
本当に驚かされました。

外に出ると日本の良さも改めて痛感しますが、
気付かされることも多く旅は勉強になりますね~

やっぱり
「インドって摩訶不思議!」
[PR]
by hibikispace | 2013-10-27 21:53 | everyday | Trackback | Comments(0)

11月特別キャンペーン

肌寒くなりましたね(*_*)
寒くなると身体が緊張し、コリを感じる方が多いのではないでしょうか?

寒さの情報をキャッチした神経が緊張し、
筋肉や血管は収縮させます。
すると血行不良により冷えやコリ、血圧の上昇など
さまざまな症状を生む事が分かっています。

「自分では特に意識していなくても
身体は自然と反応している」
身体とはそういうものですよね。

また、「怒り・悲しみ・苦しみ」も含め感情の変化による
緊張を溜め込みやすいと言われている腰。


腰に温かいオイルを注ぎ入れ続け
オイルの温度刺激で神経にアプローチするカティ・バスティを
引き続きキャンペーンとします。

施術後もお腹や腰のポカポカ感が続き、
身体全体がリラックスするとご好評を頂いています。
腰のシロ・ダーラ版と考えて頂ければイメージしやすいと思います。
坐骨神経痛にお悩みの方にもお薦めです。

11月の特別キャンペーン
カティ・バスティ(腰部オイル温熱) 90分キャンペーン価格  10,000円

a0132702_1240465.jpg

薬用オイルを腰部に溜め、注ぎ、温度をコントロールすることによって、
第二の脳と言われる腰仙骨神経叢に働きかけます。
腰部の問題やストレスによる神経の緊張からの解放を助けます。
下半身の冷えが強い方や生理のトラブルにもお勧めです。

先日のインド病院研修でも、カティ・バスティを受けた直後から
急激に腰が楽になり、お尻が小さくなりました!
(他にも治療をうけていますが、一撃になった実感がありました)
a0132702_12383266.jpg

          ↑施術前               
a0132702_12385768.jpg

          ↑施術後(2回)

ご予約お待ちしております。
アーユルスペース響 04-2942-6997 
ay.hibiki@gmail.com
[PR]
by hibikispace | 2013-10-25 12:43 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)
先日、薬の副作用がきっかけで味覚障害になってしまった方に
ガンドゥーシャ(ゴマ油でうがい)をして頂きました。

数年間、味覚だけでなく嗅覚も鈍ってしまい、
食事だけでなくお花の香りも楽しめなくなり
ひどく落ち込んでいたそうです。

風邪をひいて鼻がつまり匂いが感じられなくなった時
何を食べても味がしませんよね?
嗅覚と味覚はセットで考えたほうがベターです。

何を食べても甘いしか味覚がなく
治療法を探していたところ
アーユルヴェーダを知り、足を運んで下さいました。

ガンドゥーシャに必要なものは
「太白ごま油」「ティッシュペーパー」
それだけです。
a0132702_20454733.jpg

少量をごま油を口に含み、最低でも5分
ぐちゅぐちゅします。
文献では眼から涙が出るまでの時間・・・とありますが
5分行っただけでも結構疲れます(笑)
終えたらティッシュに吐きだすだけ。

ただのゴマ油のうがいですが、水うがいと違って
沢山唾液が分泌されます。
暫くすると油と唾液で口の中がいっぱいになります。
恐らくこの唾液分泌作用が
味覚障害の治療を促す一つの効果だと思われます。

眼、口と鼻は繋がっていますから
鼻水も誘発されますし、文献通り長く行えば涙も出てくると思います。
顔に溜まった余剰な粘液の排出は浄化が成功した証で
毎日行えば味覚が明らかに向上すると言われています。

なぜ水でなくて油?!
水は皮膚や粘膜からはさほど吸収しないようになっていますが
油は吸収しやすいように身体は出来ています。
ゴマ油の成分が浸透し、浄化を促し栄養を与えます。

その方より
「ご飯が美味しく食べれるようになりました」
と報告を頂いています。
また嗅覚と味覚はセットなので、次回の治療には
ナスヤ(点鼻法)もお薦めてしています。

また油ですから水よりも重量があり、顔の筋肉をよく使うので
おまけに顔が引き締まります!
口の中もサッパリ、歯肉も元気になります♪

ゴマ油でうがいをするだけで簡単ですから
味覚や嗅覚を向上させたい方に
是非試して頂きたいです☆

またお困りの方がいらっしゃいましたら
お声をかけて下さい♪
[PR]
by hibikispace | 2013-10-23 20:47 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)
では具体的にどういう施術をしての結果だったのかをお伝えしますね^^

まず毎朝ドクターのコンサルテーションがあります。
a0132702_18241089.jpg

提出してあった病歴ファイルを元に
体重・血圧測定、脈診・舌診・腹部触診・脚の浮腫確認などが
念入りに行われます。
初日に全体的な治療方針は決定し、
毎日のコンサルテーションでその日の治療内容が決まります。
ですから、心身ともに気になる事柄があれば
いつでもドクターに報告しフィードバックしてもらう事が可能です。

初日の診断で私の場合はピッタ・ドーシャ(火)が乱れているので
ヴァナマ(催吐法)はせず、ビレーチャナ(瀉下法)と
バスティ(浣腸法)をすると告げられました。
全部体験したかった私はちょっとショック・・・

「必要ない事はやらない」

無理にやっても身体に負担がかかるだけ。
必要な時まで、とっておきます(笑)

また体質が違えば、治療内容も変わります。
私とアツコ先生の体質は主のドーシャはピッタで同じですが
サブ・ドーシャ(次に支配力が強いドーシャ)が違うので
抱えている問題も違い、施術内容が途中より変わってきます。
(通常、誰でも主のドーシャが一番乱れやすくなります)

途中より・・・
つまり前半は2人とも同じ施術を受けます。
というのも、前回お話したように
中心治療(浣腸や瀉下など5つの療法)を施すには
前処置が必要だからです。

余程の事がなければ、前半はどんな体質の人でも
ほぼ同じ前処置を受けることになります。
前処置とは、響の通常メニューでお馴染の
アヴィヤンガ・スウェダナ・シロダーラ。
2人とも2日間はこのコースが続きました。

2人のセラピストによる贅沢なアヴィヤンガ↓
a0132702_1614723.jpg



座って入るスウェダナ↓
a0132702_163195.jpg

(寝て入るスウェダナよりも、こちらの座浴の方が背部も温まります。
また狭いところが苦手な方にはこちらのタイプが安心するそうです)

スワミ・ラーマの「オーム」を聞きならが受けるシロ・ダーラ↓
a0132702_1642557.jpg

「無」を味わえる一時です☆

いつもは施術側ですが、受け手に回り素直な感想は

「やはり施術して貰うって最高だぁ~!」(笑)

シロ・ダーラ中は、スワミ・ラーマのオームの音に導かれ
自然と呼吸が深くなり、より心地よく受けられました。

とても落ち着き効果が高くなるのを実感したので、
CDを購入し響でも早速使用しています。
ただでさえ気持ち良いシロ・ダーラが
更にパワーアップ!

アーマ(未消化物)が排出しやすい状態をつくる
前処置の段階で既に
「人の手を借りる大切さ」を味わいました。
自力でがんばってみたものの、どうにもならない。
そんな時、アーユルヴェーダは力強い味方です♪

次回、中心治療などの続きはまた書きますね!
[PR]
by hibikispace | 2013-10-22 16:16 | everyday | Trackback | Comments(0)
すっかりと肌寒くになり、ヨモギ蒸しやスウェダナ(発汗法)が
より気持ちよく感じられる季節になってきましたね。

日頃の冷え対策に、スカーフや腹巻・レッグウォーマーを
していると過ごしやすくなりますよ♪
是非活用してみて下さいね。

アーユルヴェーダ休診のお知らせです。
都内であるアーユルヴェーダ研修に出席のため、
下記2日間不在となります。

11月   3日(日) 終日
11月   4日(月) 終日

インドより先生が来日され
「生理痛、貧血」のアーユルヴェーダでの対策法と
「消化力とオイルの使い方」のクラスを2日間
受講してきます。
皆さんと又シェアしたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。
[PR]
by hibikispace | 2013-10-21 16:51 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

車椅子の体験

今朝、国立リハビリテーションセンターの一般公開で
車椅子の体験乗車をさせて貰いました。
a0132702_1347670.jpg

自分の目線の低さと腕力の左右差に驚き、
(左が弱く右が強くて、まっすぐ進むはずが斜め左に行ってしまったり・・・)
ちょっとした段差や傾斜が難しく
体感してみないと分からないことだらけでした。
目線の低さは、小学生の頃に戻った感じで
人ごみに埋もれてしまいます。

ところで皆さん、エレベーターに設置された正面の鏡は
車椅子の方々の為だってご存知でしたか?

乗る時は前からそのまま進入、降りる時はバックです。
狭いエレベーター内では体制を変えることは出来ないので、
バックする時の後方確認用の鏡なんです。
実際に乗ってみて、鏡が本当に頼りになりました。
てっきり身だしなみ確認用だと思い込んでいました^^;

「人の身になって、立場になって」というのは
難しいものですから
とても良い体験をさせて頂き、感謝!

百聞は一見に如かず。

リハビリテーションの一般公開は一年に一度ですが
興味ある方は是非!
按摩や点字の体験など・・・色々あります。
お祭りなので沢山食べ物も出てましたよ~♪
[PR]
by hibikispace | 2013-10-19 13:51 | everyday | Trackback | Comments(0)
今年も残りあと2か月になってきました。
9月から10月にかけてのインドでの研修では、アーユルヴェーダの新たな経験ができました。またヨガも同時に新たに学んだことも多く、クラスで皆さんに少しづつシェアさせていただいています。
ヨガは数千年の歴史を経て、今も進化し続けています。経験から得た知恵を加味しつつ、響のヨガも進化させたいと考えています。
11月から、2年前から不定期でクラスを開催してきたチャンティング(マントラを唱えるクラス)を担当していただいているミネ先生に新たなクラスを担当していただくことになりました。
クラスの内容は、下記に詳しく掲載しています。ヨガはさまざまなアプローチ方法があります、ぜひ新たなクラスを経験してください!

冬に向かう時期、代謝が徐々に下がってきます。ヨガを定期的に行って、筋力アップと維持、気持ちを前向きに保てるようにしてきましょう。
しばらくヨガから離れていたけど、またやりたいな・・・と来て下さる方もいらっしゃいます。そう、身体や心は、今自分に必要なものがわかっています。お仕事や家庭の事情でなかなか続けられないという方も、思い出したらぜひお越しください!
お待ちしています(^_-)

ヨガは、継続すること、その積み重ねが変化をもたらします。私たちが本来持っている生きる力というものは、良い方向に向かおうとする性質を備えています。身体を動かしたい、何か良いことをしたい・・・という気持ちは、私たちの内側からの声です。その声をキャッチしたら、はじめるきっかけです。
ヨガ未経験で、体調を整えたいと思っている方、ぜひ響のヨガにお越しください!


≪クラスの内容≫
響ではみなさまのニーズに対応できるようクラスにバリエーションを加えてきました。内容を細かくご案内いたします。

マークのないアツコのクラス≪コンディショニング・ヨガ≫ 90分 1,500円 初めてでもOK!
シンプルでどなたにでもできるポーズを中心に行います。コアの強化と無理のないストレッチが、身体にじんわりと効いてきます。身体と心を整えるために、ゆっくりとシンプルなポーズを行います。

≪ハタ・ヨガ≫ 90分 1,500円 初めてでもOK!
身体を動かし元気になるヨガです。様々なポーズを行うことで筋力や体力アップを目指します。
ハタとは太陽と月を表し、ヨガの中でも体を動かしアーサナ(ポーズ)を行うカテゴリーのヨガの総称です。

<骨盤調整> 75分 1,500円 サチエ先生 初めてでもOK!
 ◆のマーク 骨盤周辺にフォーカスして身体を整えます。冷え、婦人科系のトラブル、腰痛などでお悩みの方におすすめです。

<リストラティブ> 75分 2,000円 定員4名 アツコ先生
◎のマーク 心身回復を目的としたヨガです。生活のリズムが崩れている、疲労しているのに眠れない、疲れが抜けない、調子が上がらない・・・といった方におすすめです。ボルスター(大きく固めのクッション)やヨガブロック、ストラップ、アイピローなどを使って身体をサポートして行います。

<Kula> Kula Practiceクラ・プラクティス 90分 1,500円 アツコ先生
 ★のマーク Kulaとはサンスクリット語でグループ、仲間といった意味があります。仲間とともに様々なポーズにチャレンジしてみましょう。効率的な身体の動かし方、精神的なテーマを取り入れ、チャレンジしながら自己の可能性を広げていくヨガです。定期的にヨガを行っている方、中級以上の方におすすめです。
※旧アヌサラ・インスパイアドのクラスです。クラスの内容は変わりません。

<マントラ・ヨガ> 90分 1,500円 ミネ先生 初めてでもOK!NEW!
 ■のマーク 呼吸とシンプルな動きを合わせた、ゆっくりとしたヴィンヤサ(呼吸と共に動く)スタイルのクラスです。サンスクリット語のマントラの響きを使い、心身共にリラックスしていきます。
運動量は多くないので、どなたでもご参加いただけます。心地よさを味わいたい方におすすめです。


11月 ヨガ・クラスレッスン スケジュール
 (スケジュールは、変更になる場合があります)
開始時間が日によって変わりますので、ご確認の上お越しください。
※アツコ先生は、11月中旬不在になります。時間や内容など一部イレギュラーになりますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。

<火曜日> 
 5日  午前10時~11時30分 / 午後7時30分~9時 アツコ 
12日  午前のクラスお休み  / 午後7時30分~9時 <ハタ・ヨガ> サチエ
19日  午前11時~12時15分 ←◆骨盤調整 サチエ      
      午後7時30分~9時 ■マントラ・ヨガ ミネNEW!
26日  午前10時~11時30分 / 午後7時30分~9時 アツコ    

<水曜日>
 6日  午前10時~11時30分 アツコ
13日  午前11時~12時30分 <ハタ・ヨガ> サチエ
20日  クラスお休み
27日  午前10時~11時30分 アツコ

<金曜日>
15日  午前11時~12時15分 ←◆骨盤調整 サチエ

<土曜日>
 9日  午後12時~1時15分 ←◆骨盤調整 サチエ
30日  午後12時~1時30分 ←★Kula アツコ
      午後2時~3時15分←◎リストラティブ(心身回復ヨガ) アツコ 

<日曜日>
 3日  午前10時~11時30分 アツコ
      午後12時~1時30分 ←★Kula アツコ 
10日  午前11時~12時30分 <ハタ・ヨガ> サチエ
      
17日  午前11時~12時30分 <ハタ・ヨガ> サチエ
      午後1時~2時15分 ◆骨盤調整 サチエ
24日  午前10時~11時30分 ■マントラ・ヨガ ミネNEW!
12月1日 午前11時~12時30分 <ハタ・ヨガ> サチエ
       午後1時~2時30分 ◆骨盤調整 サチエ

■各回定員6名 
■レッスンフィー 通常90分クラス 1,500円
 ≪初回のみ体験レッスン500円でお受けいただけます≫(クラ・プラクティス/リストラティブを除く)
<定員6名と少人数のクラスですので、お越しいただいたときに満員ということもあります。前日までにご予約ください>
メール : ay.hibiki@gmail.com
電 話 : 04-2942-6997

HIBKIってどんなところかな・・・?と思いながら過ごしていた方も、まずはヨガ体験レッスンを受けてみてください!新所沢駅から徒歩8分。
初めての方でも、ご心配なく。体験レッスンは500円ですが、しっかりと指導しています。
ご予約お待ちしております。
※男性の方で体験レッスンご希望の方は、通常のクラスレッスン以外で行う場合がございますのでご相談ください。


プライベートレッスンは、お一人でゆっくりと安心して行いたい方におすすめしています。60分5000円、90分7500円です。
グループでのレッスン、セミ・プライベート(2~4人)60分8000円も承っております。ご希望のお時間などについてはお問い合わせください。
マタニティ・ヨガはプライベート、セミ・プライベートレッスンのみで行っています。妊娠16週以上で、主治医、担当助産婦に運動の許可をいただいている方が対象です。詳しくはお問い合わせください。

[PR]
by hibikispace | 2013-10-17 15:00 | YOGA | Trackback | Comments(0)
アーユルヴェーダの治療は
身体のあらゆるスロータス(管)に張り付いている
未消化物・老廃物(アーマ)を浄化して

その人「本来の良さを引き出し」
気が巡るので、おまけに「若返る」という特徴があります。

そんなに急に効果あるの?!という疑問に・・・
私たちのアーユルヴェーダ「パンチャ・カルマ」
実体験レポートをお届けします!

まず治療体系を説明しますね。

「パンチャ・カルマとは?」
アーユルヴェーダの中心治療で、「5つの行為」という意味です。
①バマナ(催嘔法) ②ビレーチャナ(瀉下法) ③バスティ(浣腸法)
④ナスヤ(点鼻法) ⑤ラクタモクシャナ(瀉血法)


「パンチャ・カルマ」が中心で、
「プルーヴァ・カルマ」という前処置と
「パシュチャート・カルマ」という予後処置があります。


プルーヴァ・カルマ(前処置)が響で行っている施術です。

スネハナ(油剤法:アビヤンガ・シロダーラ・ネトラ等)・
スウェダナ(発汗法)にあたります。
消化法(薬草やギーをとったり、食事療法)もあります。


パシュチャート・カルマ(後処置)には、
食餌法(サンサルジャナ)・強壮剤法(ラサーヤナ)・鎮静剤法(シャマナ)
があり、中心処置後に栄養を補い、体力回復の手助けをします。

説明が長くなりましたが、3段階を経て
8日間の治療を終えた2人の写真をアップします。

人にお見せするのは、かなり恥ずかしい姿ですが
これがアーユルヴェーダの実力!
という事で、Before/Afterです(笑)

治療開始前:9月23日
8日間治療後:10月2日

a0132702_2240345.jpg

a0132702_22403384.jpg


腰の緊張がとれ、お尻と太ももがしゅっと小さくなっています。
ここまで助けてもらった後は、自力でキープしないとですね。
ヨガやウォーキング頑張ります♪

a0132702_22411837.jpg

a0132702_2241451.jpg


頬が上がってほうれい線が薄くなり、フェイスラインがシャープに。
全体的に肌に張りと光沢感が出、目もぱっちりです!

たった8日間ですが、身体に変化があるんです♪
特に病気なわけではないけれど、
身体の不調を感じている方など
現状を改善したい方のきっかけに作りに
アーユルヴェーダは最適(-_^)
次回は施術の内容を詳しくお話しますね。

*注意*
パンチャカルマは医療行為になるため、医師でなければ
日本では行う事はできません。

[PR]
by hibikispace | 2013-10-13 22:51 | everyday | Trackback | Comments(0)

インドでの買い出し②

薬用オイルの買い出しも目的の一つでした。

「アーユルヴェーダでは何故薬用オイルを多様するのか」
少し説明しますね。

それは「経皮吸収剤」だからなのです。
湿布薬、ニコチンパッチ、ホルモンパッチなどを
思い浮かべて頂ければ、皮膚から薬用成分を吸収するというのが
容易に想像できると思います。

人間は進化の過程で、

○皮膚から水を体内に侵入させない為に
○体内の水分を蒸発させない為に

脂質膜で皮膚を覆うように進化しました。

ですので、皮脂膜に覆われた人間の皮膚は
水は弾きますが油脂は通過する事できます。
(お風呂に入っても身体はスポンジのように水を吸収することはありませんが、
ハンドクリーム等は容易に吸収しますよね)


水に油を垂らすと弾き分離しますが
油と油は混ざると同じ原理です。


オイルが皮脂膜・表皮・真皮を通過し
さらに筋肉(脂質膜で出来ています)に浸透し、
血管の血管膜をとおり、薬用成分が
血液中に入っていく仕組みです。

これが、アーユルヴェーダではオイルを多様する理由。

吸収するからこそ、口に入れても害のないものを
治療に使用するというのがアーユルヴェーダの考え方。
身体に塗るオイル、全て食べれる状態です。

・・・と話は長くなりましたが、そんな訳で沢山仕入れてきました!
a0132702_1243663.jpg

オイルマッサージ用のオイルは
大量のハーブを水で煮出し、その後
オイルと一緒に水分が完全になくなるまで、長時間煮詰めて作られます。
薬剤を使ってエキスを抽出するわけではないので、安全です。

オイルの製法は、古典文献「アシュタンガフリダヤ」
「サハスラヨガ」「バイシャジャラトナバティ」のレシピ通りに作られます。

パッケージにどの古典文献の製法で作られたかが明記されています。
↓(左:アシュタンガフリダヤ、中央:バイシャジャラドナバティ、右:サハスラヨガ)
a0132702_125611.jpg


日本とインドでは土地が違うので、多種類の大量な薬草を使って
同じオイルを製造することは難しいのでインドから買い付けしています。

現在、日本でも色々な方が薬草の栽培に試みています。
日本製のアーユルヴェーダオイルの誕生を心待ちにしています!

↓お店にはアーユルヴェーダの処方箋を貰ったインド人たちが
沢山並んで煎液やオイル、薬を買っていっていました。
a0132702_127358.jpg

[PR]
by hibikispace | 2013-10-12 12:09 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)