アーユルヴェーダとヨガの融合スペース『HIBIKI』です。2009年8月新所沢にオープンしました。


by hibikispace
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2010年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

天体とドーシャ

今日から公開される映画「てぃだかんかん」
太陽がカンカン照りという意味です。
http://tida.goo.ne.jp/

珊瑚の養殖を世界で初めて成功させた
沖縄が舞台の実話です。

「自分や人を信じる心の大切さ」
「努力し続ける事の大切さ」
「人との絆の大切さ」

を再確認させられる映画でした。
同時に、美しい土地は美しい人を育てる=
自然の恵みに感謝して日々生活したいな
と思います。

珊瑚の産卵は満月に起こります。
そこで、天体とドーシャの関係について。

アーユルヴェーダに、
「大宇宙がそうであるように、
小宇宙(人体)がそうである」という諺があります。
大宇宙である天体は、小宇宙と影響しあい、
人体におけるドーシャのバランスを決める要因となるのです。

例えば、太陽は火のエネルギーをもっていますので、
同じ質を持つピッタを増加させます。
昼間は、太陽が高くなるためにピッタが上がり、
消化力も高いといわれています。

月は水の性質を持っていますので、
同じ質を持つカファを増加させます。
人体内や植物での水分代謝が異なりは、
月の満ち欠けに関係があると言われています。
ヘチマは満月の時に一番ヘチマ水が採れます。
満月の時に出産が多くなると言われています。
珊瑚も満月に産卵します。

昔から
「人は満ち潮の時に生まれ、
引き潮の時に息をひきとる」という言い伝えもあります。
宇宙との繋がりを感じずはいられません。

ニュースで「○○星が地球に近づく」という報道がある
時にでも参考にしてみて下さい↓

太陽―ピッタを増加
 月-カファを増加
火星―ピッタを増加
水星―カパを増加
木星―ヴァータを増加
金星―カファを増加
土星―ヴァータを増加
[PR]
by hibikispace | 2010-04-24 00:29 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

自律神経

寒暖の差が激しくて参りますね・・・007.gif
そこで今日は自律神経のお話を。

私たちは季節ごと
緊張(交感神経)・リラックス(副交感神経)
切り替えていると言われています。

リズムの基本は、
夏はリラックスする副交感神経優位で暑さをかわし、
冬は寒さに耐えるために交感神経が優位になります。

春は冬の交感神経優位から、夏の副交感神経優位に移るプロセスの時期です。

秋は夏の副交感神経優位から、冬の交感神経優位に移るプロセスの時期です。

ですから、丁度今のこの時期は自律神経の揺さぶりが大きく、
体調管理が難しいです。
(健康であればさほど感じないと思いますが・・・)

冬のような寒さですが、桜も咲きましたし!
季節は着々と移行しています。
寒いっ・・・と気落ちせずに、毎日をポジティブに過ごしましょう!

PS)
春は渋味・苦味の食物を摂取しましょうと
以前お話しましたが、
新潟から、春の山菜「こごみ」が届いたので
ツナ、キャベツとマヨネーズで和えてみました。
こごみは少しヌメリがあり、山菜の中でも
灰汁がないので、とても食べやすいです!
a0132702_23491417.jpg

[PR]
by hibikispace | 2010-04-16 23:49 | everyday | Trackback | Comments(0)

ベリーダンス

先日、友人が主催するベリーダンスイベントに行ってまいりました060.gif
a0132702_1284184.jpg

私の友人、Ugajinさんはピッタ体質、小柄で筋肉質。
ピッタ独特の燃えるような熱いエネルギーが
ステージから伝わってきます。
そして躍動感がある踊りの中に、程よい緊張感があります。
一番印象的なのは、身体はしなやかに動いているのに
眼差しが鋭く厳しい所。
本気の眼です。
真剣な時、ピッタ体質の人はそういう眼をしています。

生徒さんの一人はカファ体質で、存在感があります。
ゆったりとした華やかさで観客を魅了していました。
a0132702_1291266.jpg


もう一人の生徒さんはヴァータ体質で、細身で軽やかに踊ります。
関節の柔らかさのせいなのか、
インド舞踊のような、タイの舞踊のようにも見える
エキゾチックなダンサーでした。
a0132702_1374378.jpg


俗に「個性」とはよく言いますが
同じベリーダンスでも、ドーシャによって
こんなにも印象が違うんだなぁーと思いをはせながら
ショウを楽しんでいました!

UgajinさんのHP↓
http://www5.plala.or.jp/jade7/home.html
[PR]
by hibikispace | 2010-04-14 01:37 | everyday | Trackback | Comments(0)

チューリップ

雪処理を誤り、心配していたチューリップですが・・・
無事に育ってくれ開花間近です056.gif

a0132702_1348962.jpg


チューリップといえば、オランダというイメージですが、
チューリップはトルコの国花です。

チューリップの語源は、「トルコ人のくちびる」。
チューリップの花びらの一番上がトルコ人の唇に似ていたからだそう。
「テュルク、リップ」→「チューリップ!」

私は今の時期、トルコのカッパドキアで購入した
チューリップが描かれた綿スカーフをして出かけます。
素敵な気分になります001.gif
[PR]
by hibikispace | 2010-04-13 13:56 | everyday | Trackback | Comments(0)

桜の名所は多々ありますが、御近所にも
色々な所で咲き誇っていて、
日本人は本当に桜が好きなんだな053.gif
と思う今日この頃です。

a0132702_16122560.jpg


桜の花が咲くと
私が以前、アメリカのミネソタ州という所に住んでいた時
自分が日本人であるという事を強く思った瞬間を
思い出します。

長く厳しい冬の生活が続くミネソタ州では
お花(=暖かさの象徴)を愛している方が多いです。

ミネソタのセントポール市にある
COMO PARKという大きい公園に
素敵な温室植物園、日本庭園を訪れた際
丁度、桜の花が咲いていて
一緒にいたアメリカの友人に
「Cherrry Blossom, 日本人が一番愛している花だよ
この花の下で皆が集ったり、日本の代表的なお花なんだ」

と伝えましたが、反応悪く・・・お花が好きなの友人でも
どうやら桜の美しさが伝わらないようでした。

理由

その1.ピンク色が淡い・・・派手さがない
その2.「散る様が儚い」・・・そういう発想や情緒が
                 桜と結びつかない

3月4月は卒業・進学・就職・転勤など変化が多い時期。
その時期の思い出や、これからの来る将来に
思いをはせながら桜を愛でるのという文化的背景が
桜の美しさをより増しているようです。
a0132702_1629074.jpg

[PR]
by hibikispace | 2010-04-06 16:40 | everyday | Trackback | Comments(0)