アーユルヴェーダとヨガの融合スペース『HIBIKI』です。2009年8月新所沢にオープンしました。


by hibikispace
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28

<   2010年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧

支え

暖かくなってきましたね!
a0132702_12352684.jpg

玄関脇に11月に植えたチューリップが芽を出しています。
様々な色を植えたので、3月が楽しみです056.gif

響の部屋に、「ぜんまい」を使用した押し花絵を飾っています。
テーマは「支え」
a0132702_135494.jpg


「お互い様」という言葉が私は好きです。
人の役にたったり、逆に助けてもらった時
相手に心から感謝したりすると、とても気持ち良いです。

人は、支え合えながら生きています。
たまに不幸に思えることが起きて「なんで自分が?!」と
考えてしまうような事もあるでしょう。
それは今そこに必要だから存在していると言われています。
苦しいことも、「成長」するためにあると捉え
「感謝」して日々を過ごしていきたいですね001.gif
[PR]
by hibikispace | 2010-02-25 13:05 | everyday | Trackback | Comments(0)
2月にお出ししています「ザクロの花茶」
「飲みやすい、代謝が上がった!」という多数のご意見を頂きましたので
取り寄せを致しました。
a0132702_17453038.jpg


「ザクロの花茶(ザクロの花と弘法茶) 5包」は、
ザクロの花と、香り高い弘法茶をミックスして、くせがないので日常飲用できるお茶です。
1包(5.5g)を約500mlの水に入れ、約5-6分間に出してお召し上がり頂きます。
原産国はインドです。

これから薄着になる季節、ご希望の方いらっしゃいましたら
お声をかけてください、800円にてお分けします。お勧めです!
[PR]
by hibikispace | 2010-02-22 17:51 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

雛祭り

2週間後は3月3日、雛祭り。
玄関にお飾りをしました016.gif
a0132702_23305117.jpg


3月2・3日にアーユルヴェーダ・トリートメント、ヨガクラスを
お受けの方に、雛あられをお出し致します。
a0132702_23311336.jpg

[PR]
by hibikispace | 2010-02-17 23:32 | everyday | Trackback | Comments(0)

花粉症

花粉の飛散が始まったようです。
アーユルヴェーダでは、春は冬の間に蓄積された「カファが溶け出す」時期と言われています。
ある学説では、カファはヒスタミンと性質が似ていると言われています。
(ヴァータがアセチルコリン、ピッタがアドレナリン等のカテコールアミン)
ヒスタミンは毛細血管系での血管拡張機能を司り
血管細胞壁と細胞外との間で、体液がスムーズに行き来できるようにさせています。
もしもある部位でヒスタミンが過剰に分泌されと血管拡張が生じ、
炎症が起き体液過剰になり蓄積します。

ヒスタミンが過剰になり、花粉に異常に反応するという現代医学とも理解が一致します。

アーユルヴェーダでは、「出血が止まらない、下痢が止まらない」等、
止まらないものに対して「渋味」を用います。「渋」の漢字には「止」が入っていますね!
「渋味」は「乾燥」、ヴァータ性質で、対局にあるカファ抑制に効果があるのです。

そこで、鼻水が止まらないという方にお勧めのサプリメントを
取り寄せしましたので、ご紹介です。

「青みかんの奇跡」 180粒 3600円
一日6粒を目安に摂取します。
a0132702_22172662.jpg


熟成する前の蜜柑を収穫しサプリメントにしている為、
非常に「渋味」が強く、
スペリジン(ポリフェノールの一種=渋味)が沢山含まれています。

ご希望の方いらっしゃいましたら、お声をかけてください。
[PR]
by hibikispace | 2010-02-16 22:17 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)
続いて、山口先生のアーユルヴェーダの体質診断。

ヴァータ(V)・ピッタ(P)・カファ(K)の特徴が書かれている診断表が手渡され、
脈診の仕方を学びます。
女性は左手男性は右手の脈をとります。
手首を曲げ、撓骨動脈を反対の手の人差し指・中指・薬指の3本で押さえ、
手首を伸ばします。ぐーっと押さえ下げて(脈がとまるくらい)軽く戻した時、
その印象をとらえておきます。人差し指はV、中指がP、薬指がKです。
a0132702_15164389.jpg

セミナー時は聞こうとVが強く、理解しようとPが強くなって脈がうつそうです。
状況によって脈は変化しますから、日々様々なシチュエーションで
脈をとる習慣をつけるとよいです。


体質の特徴は色々ありますが、ここでは印象に残っている事だけ。
VPKの対人関係を山口先生は「じゃんけん」に例えます。
ヴァータ→(パー) /  ピッタ→(チョキ) /  カファ→(グー)

ヴァータはピッタから批判されるのが怖い。
ピッタはカファが苦手。
ピッタはピッタの同性がしゃくにさわる。
・・・など、とても面白いです003.gif

ヴァータの特徴・・・「仲良くなりたい」
ピッタの特徴・・・「動きが方向性をもってある」
だから困惑した今の世界では、先頭にたって導こうと苦労するのだとか021.gif
カファの特徴・・・「自分の世界を持っている・自分の世界にいる」

病気に対しては・・・
Kは大病してもしぶとく克服してくる(笑)、VとPは病気に対して免疫などの安定性がない。

体質論だけで判断すると失敗もあります。
なぜなら、人それぞれ環境が違います。ここでも「氏より育ち」。
自分の体質を知る事は、健康管理や対人関係に大いに役に立ちます!


次回は・・・
●日時  平成22年3月28日(日)
      午後3時~午後5時半
●場所  圓融寺本堂
●費用  3,000円
●服装  動きやすい服装
 (着替える場所もございます)
●お問合せ・お申込み(予約制)
E-MAIL:info@enyuu-ji.com
FAX:03-3712-7756
圓融寺はこちら
→ http://www.enyuu-ji.com/
アーユルスペース楽はこちら
→http://www.rakuclinik.com/
[PR]
by hibikispace | 2010-02-15 15:26 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)
私が4年お世話になったアーユルスペース楽の師匠が
目黒の圓融寺さんと毎月行っているコラボ企画
<禅×YOGA×アーユルヴェーダ>に2月14日行ってきました。

アーユルヴェーダを日本に普及させた幡井勉先生
92歳で先日お亡くなりなられ、山口先生がお別れ会に参列の為、今日は

柳瀬先生のヨガレッスン
        ↓
圓融寺ご住職、阿住職による坐禅
        ↓
山口先生によるアーユルヴェーダの体質診断

①ヨガ
柳瀬先生のヨガレッスンでは、ウォーミングアップ後、
開脚前屈・・卍のポーズ・赤ちゃんのポーズ・腕上げおしり歩き・
腰ひねりのポーズ・片鼻呼吸法・脚腰のエクササイズ等、
身体を大きく動かす内容で、とても温まり腰がとても楽になりました。
柳瀬先生のヨガは、婦人科系を強化するメニューが特徴で、
骨盤内が温まり、続けると生命力がアップする感じが体験出来ます。

②坐禅の時間
「厳粛な修行!」というような感じなのかと、
少し緊張していましたが、あっという間の20分の坐禅でした。
お堂の雰囲気に加え、阿住職の厳しすぎず安心感のある雰囲気の中、
ヨガ後という事もあり、とても集中できました。
坐禅をくみ電気が消され、集中してくると、
お香とそこに流れる柔らかなエネルギーで身体の緊張感が
ドンドン抜け、独特の世界観に入っていくことができました。

坐禅とは「意識を集中する」という意味だそうです。
坐布という丸く少し硬めのクッションをお尻の下に入れて座ります。
上半身の力は抜き、坐骨に重心をもってこれる安定した角度を探します。
半蓮華座(蓮華座は慣れている人向きです)肩が緊張しないように印を結びます。
目は閉じず、1m先位を見つめ、伏し目に。
舌は、唾液が出過ぎないように、上あごにつけ
(英語のLの発音のように)ます。
数を数えます。
「ひと(吸)ーつ(呼)、ふた(吸)ーつ(呼)」といった具合に9まで数え、1に戻ります。

坐禅中、雑念は絶対出てきますがポイントは以下の3点

判断しない
念を継がない(思いをつなげ、それをどんどん追って物語にしない)
音は聞くがまま(耳元で鳴っているように聞こえても、ただ聞く)

終った後、何かがリセットされたようにスッキリとした感じがしました!


・・・・続く
[PR]
by hibikispace | 2010-02-15 14:27 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

2月14日 旧正月

インドでは、現在世界の多くの国々で使われている太陽暦(グレゴリウス暦)と併用して、
祭りや農作業のための時期を見定めるために太陰暦も使われます。

今年は2月14日の新月をもって、
インドの暦(太陰太陽暦)はウッタラーヤナ(太陽が北回帰線を通る季節)に入り、
bala(体力)が奪われていく(身体が弱っていく)季節に入ると言われています。

冬よりも夏の方が「やる気がみなぎっているので行動的」
という方もいるかと思いますが、
夏は暑さで消耗を感じませんか?!
個人の体質にもよると思いますが。。。

「気力による体力」というよりも「体力そのもの」という理解をしたほうがいいと思います。
冬場はお餅等、重めの食事が多くなったり、動く量も減り、
体力を温存しているので、意外と体力はあるのです。

太陰太陽暦は、日本でも明治時代までそうでしたし、
沖縄では今でも行事は旧暦だそうです。
良く考えてみれば、1月7日の七草は、現在の暦だと
全部そろいませんね・・・034.gif
地球温暖化もありますが、最近季節感が?!?!と感じるのは
こういう所にもあるのかな?とも思ったりします。
[PR]
by hibikispace | 2010-02-13 15:11 | everyday | Trackback | Comments(0)

ヴァレンタイン

a0132702_13414367.jpg
今度の日曜日は、ヴァレンタインですね053.gif

何を隠そう?!実は私、大のチョコレート好きでして・・・

2月12・13・14日にアーユルヴェーダ・トリートメントを
お受けの方に、ほんの少しですがチョコをお出しいたします。


*カカオの学名は「テオブロマ・カカオ」
ギリシャ語で「神様の食べ物、カカオ」という意味を持っています。
カカオは、紀元前2000年頃の古代メキシコ時代から存在していたと言われています。

古代メキシコでは、カカオは疲労回復の薬効がある食物として珍重されていました。
但し、その当時のカカオは、甘いお菓子として親しまれていたのではなく、
唐辛子やスパイスなどを混ぜた、ドロドロの苦いドリンクでした。
バナナの葉などで発酵させた後、石臼ですり潰したカカオ豆に、バニラや胡椒、薬草を合わせて
湯を加え、泡立てたもので、とろみをつけるためにトウモロコシの粉が加えられていたそうです。
[PR]
by hibikispace | 2010-02-07 00:56 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

生姜 と 蜂蜜

奄美大島の立派な生姜を頂いたので、
オーストラリアの生蜂蜜に漬けました。
色合いも良く、漬けてすぐにエキスが沢山!!
やはり良い生姜は違います!
アーユルヴェーダの治療にいらした方にお出ししますが、
なくなり次第終了なので・・・ご了承くださいませ。
a0132702_0594212.jpg


アーユルヴェーダでは、生姜は
ピッタ(火のエネルギー)を上げるので、消化力アップ
冷えの改善に効果が期待できます。
科学的にみても、生姜の辛味成分のジンゲロールが血流を良くし
加熱すればショウガオールという成分に変化し、体を温める働きが。
強力な殺菌作用は、お寿司とガリを一緒に頂くというので
自然と慣れ親しんでいますね。

生蜂蜜はカファ(水のエネルギー)を抑制する甘味料。
加熱処理をしていない蜂蜜は、本当に美味しいです!
そして、プロポリス・ビタミン・ミネラル・活性酵素などの栄養がより豊富!
お値段は少し張りますが、
甘い物が好きで肥満が気になる方には蜂蜜がお勧めです。
[PR]
by hibikispace | 2010-02-02 01:18 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

節分

雪が降り寒いですが。。。2月3日は節分です。

節分の夜に「鬼ハ外」「福ハ内」と二回言いながら豆をまいて、
鬼を追い払い福を招くという室町時代から伝えられている習慣です。
この豆まきの豆は大豆をいったもので「福豆」とか「年取豆」ともいって、
豆まきの後で自分の年だけ食べて日頃の無事息災を感謝し
健康を祝う楽しい行事です。

a0132702_223218.jpg



響に2日・3日にいらっしゃった方に、健康を祈願して
お豆をお出しします。
ヨガレッスン・アーユルヴェーダ・トリートメント後に
ほっと一息ついて下さい060.gif
[PR]
by hibikispace | 2010-02-01 22:03 | everyday | Trackback | Comments(0)