アーユルヴェーダとヨガの融合スペース『HIBIKI』です。2009年8月新所沢にオープンしました。


by hibikispace
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2009年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

声援

昔、昔・・・今から10年以上前になりますが、マラソンやトライアスロン(オリンピック・ディスタンス)をやっていました。

その時の体験です。

競技中、苦しくなってします。
主に後半・・・「なんでこんなに苦しみながら走っているんだろう・・・」「ああ、つらい(・。・)・・・もうリタイアしようかな」「今日は調子が悪かったんだ・・・だからがんばらなくていいよ」「もう二度と出るのをやめよう」
心の中から、苦しみ、言い訳が湧き上がってきます。

心と葛藤していると、「ガンバレー!」「もうすこしだ!」「ガンバレー!」・・・そう見知らぬ方からの『声援』が聞こえてきます。時には、どんどこ、ドンドコ♪と太鼓の音も聞こえてきます。

急に『勇気』が湧いてきます。
身体が軽くなります。
足が前に進み始めます。

身体が軽い!
あれれ、まだ全然頑張れる~。
スピードがあがります。

『声援』が元気を与えてくれたのです。

よく、言霊があるといいますね。
また、マラソン選手が「沿道の声援に背中をおしてもらいました」とインタビューで応えたりしてますよね。
本当にそうなんです!

ヨガのクラスでも、頑張るポーズのとき、みなさんが素晴らしい集中力で自分と向き合っているとき、私も声援を送ります。応援します。

『声援』・・・お互いを励ましあい、 支えあい、つながります。
アヌサラ・ヨガでは、KULA、同じ志を持った人たちのあつまり、つながりを大切にします。
心強い仲間がたくさんいます。

クラスの生徒さん、ヨガの仲間、友人、家族・・・今年たくさんの声援をいただきました。
また、アーユルスペース響のオープンに際して、多くの方から声援をいただきました。
心から、感謝しています。
ありがとうとうございました。

NAMASTE
OM shanti,shanti,shanti
[PR]
by hibikispace | 2009-12-29 04:54 | YOGA | Trackback | Comments(0)

柳瀬先生のDVD

アーユルスペース響のヨガは、アーユルスペース楽で柳瀬先生が教えていらっしゃるヨガをベースにクラスを行っています。
初心者から長年ヨガをやっている方まで、シンプルでありながら、ご自分の身体を見つめるアプローチで、不快な症状解消に効果をあげています。

今までも、クラスにご参加いただいているみなさんに、日経ヘルスプルミエに掲載された柳瀬先生のヨガ特集をおすすめしてきました。
a0132702_23284572.jpg今回、今まで掲載されたものを一つにまとめたDVDが発売されました。
ご自宅でのヨガにぜひ、お役立てください!

柳瀬けい子式
全身アンチエイジングヨガ (60分DVD付き) 日経BP社
楽のブログ告知
→http://rakuclinik.blog115.fc2.com/blog-entry-95.html
[PR]
by hibikispace | 2009-12-27 23:29 | YOGA | Trackback | Comments(0)

年の瀬

アーユルスペース響は31日まで営業ですが
玄関にお正月飾りがお目見えです。

a0132702_19531574.jpg
a0132702_19532772.jpg


注連縄(しめなわ)は、歳神が降りてくる時の目印であり、
聖域を示す(占める)意志表示でもあります。
それが発展し、今では「心を澄ませて新しき年を迎える」という、
正月の慶びの象徴とされています。

今年も残す所あと僅かです。
大掃除(お家&身体も)をして、新しい年を迎えましょう066.gif
[PR]
by hibikispace | 2009-12-27 19:54 | everyday | Trackback | Comments(0)

風邪予防

冬至に柚子湯の風呂に入ると、
『1年中風邪をひかない』という言い伝えがあります。
a0132702_0283122.jpg


なぜ冬至に柚子湯?!

①「冬至」と「湯治(とうじ)」が、かけられている
②「柚子」→「融通(ゆうずう)が利くように」という願いが!
③柚子がこの時期に旬を迎える

柚子の精油成分には、血行を促進させる働きがあり、
お風呂に入れると身体を芯から温めるので
冷え症にも効果が期待できます060.gif
[PR]
by hibikispace | 2009-12-24 00:34 | everyday | Trackback | Comments(0)

穴八満宮

江戸時代から続く金銀融通のお守り「一陽来復御守」を
冬至から節分までの期間のみ頒布して下さるという
早稲田にある穴八満宮。

響の患者様にお話を聞いたので
初めてお参りに行ってきました。

a0132702_22571361.jpg


宮守の草庵を作るために南の崖を切り崩したときに神穴が出現したことから、
高田八幡宮から穴八幡宮という名に改称されたとの事。
流鏑馬は徳川8代将軍吉宗が世嗣の病気治療を祈って奉納したのがはじまりだそうで
以後将軍の若君の誕生や厄よけの際に流鏑馬が行われたそうです。

景気が悪いせいか?!昨日からの頒布ということもあり
沢山の方がお参りにきていました。
気持ちよく働き、心にゆとりある生活が送れるように
そして日本の景気回復をお願いしてきました。

今年は寅卯の方向の柱か壁の高い所にお守りをはり
申酉の方にお守りの文字を向けます。
一年間動かしてはならないそうです。
お祭りする日は、冬至、大晦日、節分の三日間だけという事で
31日の夜中の12時にお祭りしようと思います。

a0132702_235858.jpg

[PR]
by hibikispace | 2009-12-23 23:08 | everyday | Trackback | Comments(0)

冬至

a0132702_1355679.jpg12月22日は冬至(とうじ)です。
(写真は、上野のお稲荷さんで撮った太陽)
寒さも本格的になってきましたね。身体を動かすことで、自分の身体に対して繊細に、思いやりを持って冬を乗り切りましょう!

冬至について、wikiには、次のように書いてありました。
************************

二十四節気の一つ。太陽黄経が270度のときで、12月22日ごろ。および、この日から次の節気の小寒までの期間(黄経270-285°)。

北半球では太陽の南中高度が最も低く、一年の間で昼が最も短く夜が最も長くなる日。『暦便覧』では「日南の限りを行て、日の短きの至りなれば也」と説明している。

日本では、この日にゆず湯に入り、冬至がゆ(小豆がゆ)やカボチャを食べると風邪をひかないと言われている。

中国北方では餃子を、南方では湯圓(餡の入った団子をゆでたもの)を食べる習慣がある。 また、この日は家族団欒で過ごすという風習もある。

冬至(あるいは、冬至から翌日にかけて、冬至の直後、など)には、世界各地で冬至祭が祝われる。太陽の力が最も弱まった日を無事過ぎ去ったことを祝う日である。クリスマスも起源は冬至祭である。

************************

そしてアヌサラ・ヨガの創始者ジョン・フレンドはツイッターで次のようにコメントしています。

Solstice Blessings of Light! As dark as it may get, there is always a spark of Light present that can never be extinguished.

************************

光の至点を祝う!暗くなっても、決して消されることのない輝きは、常に存在する。
・・・というような訳になるでしょうか・・・。

冬至は、 また新たな始まりの時とも言えますね。
これから、少しづつ力が増してくる。前進していく、その始まりの時。

夏至が、太陽がもっとも豊かでパワフルな時。
冬至は、太陽がもっとも弱まった時。
その両極から、反対に向かって進み続ける。

呼吸と同じように、終わりがあって、始まりがある。
終わりがあるから、始まりが来る。

太陽の新年の始まり。
GAYATRIマントラを唱えて、新たなスタートの日として、これからの1年の目標を立てたいと思います。
[PR]
by hibikispace | 2009-12-22 01:39 | YOGA | Trackback | Comments(0)
a0132702_464233.jpg12月5日午後に開催された、アーユルスペース楽(RAKU)と目黒の圓融寺さんとのコラボ企画、<禅×YOGA×アーユルヴェーダ>のイベントに行ってきました。
なんと定員60名のところ、多くのご参加希望があり、ご参加いただけなかった方もいらっしゃったようです。

まず第一回目ということで、圓融寺のご住職、阿さんからご挨拶。
坐禅もヨガもアーユルベーダも、源をたどれば一つ。このセミナーは、原点に立ち戻って全部まとめて行う・・・という企画意図をご説明されました。これから 毎月一回のペースで開催していくそうです。

a0132702_4745100.jpg続いて、楽の山口先生からアーユルヴェーダについて、今回はアーユルヴェーダの歴史。
詳しくは、楽のHPで紹介されています。

柳瀬先生のヨガレッスンでは、幅広い年代の方が、柳瀬先生のシンプルでわかりやすく、そして身体に、心に効くヨガを楽しんでいらっしゃいました。
私も少しお手伝いをさせていただきました~。

最後に、禅の時間・・・。禅の座り方、呼吸などの説明があり、約20分の座禅。
お堂の中は、ただ座るだけでも、背筋がスーっと伸びて、気持ちのよいエネルギーが流れていました。
終わった後は、心がクリアになり、すっきり。心も身体もシャキっとしました。

そのあと、茶話会。ご参加者のみなさんと先生方が交流。それぞれの感想やご質問など、和気藹々とした雰囲気のうちに終了しました。
生姜茶がとてもおいしかったです063.gifそして、お庭がとても素晴らしかったのですが、今回は雨が降っていたのと、終わった頃はすでに日も落ちていたので、ゆっくりと愛でることができずに残念でした。
a0132702_481074.jpg次回は・・・
●日時  平成22年1月23日(土)
      午後2時~午後4時半
●場所  圓融寺本堂
●費用  3,000円
●服装  動きやすい服装
 (着替える場所もございます)
●お問合せ・お申込み(予約制)
E-MAIL:info@enyuu-ji.com
FAX:03-3712-7756


圓融寺HPでの告知はこちら
→ http://www.enyuu-ji.com/event/index.html#yoga

楽のブログでの告知はこちら
→ http://rakuclinik.blog115.fc2.com/blog-entry-94.html
[PR]
by hibikispace | 2009-12-19 04:08 | YOGA | Trackback | Comments(0)

トリファラ

アーユルヴェーダで代表的な薬物、トリファラ。
インド周辺地域に生育し、日本では生育困難であるので、
響ではトリファラのサプリメントを
アメリカ向けのインド製薬会社の製品を取り寄せています。
(アメリカはサプリメントの規制が厳しいのでより信用が高い)
ヴァータが乱れ、腸にガスが溜まり気味になっている方に差し上げたりしています。
a0132702_16541525.jpg


トリファラとは、
Phyllanthus emblica L(アーマラキー)
Terminalia bellirica Roxb.(ビビータキー)
Terminalia chebula Retz.(ハリータキー)

という三果からなっています。

三果に共通して含有されるタンニンに着目した研究結果を
アーユルヴェーダ学会での研究発表を聞きました。
私たちがよく耳にするポリフェノールは、タンニンの1つです。
赤ワインを頂いて、渋みを感じますね。
この渋みがタンニンの特徴で(タンニンにも渋みを感じない種類もあるそうです)、
これはタンニンが舌や口腔粘膜のタンパク質と結合して変性させることによると言われています。
これを粘膜の「収れん作用」と言われています。
この「収れん作用」が、粘膜からの分泌液を抑える働きがあるので、
内服すると止瀉作用や整腸作用があると言われています。

このタンニンを多く含み、なお且つビタミンC
(アーマラキーはビタミンC含有量が群を抜いている)が豊富な物は・・・

ザクロ・アセロラ・ローズヒップ(ハマナスの実)!

日本では、トリファラの代用として出来るのではないか?!と
現在の研究では期待が高まっているようです。

響のウドバルダナコース(美容痩身)では
この三果の一つビビータキーによる収れん作用を利用して、
身体の引き締めを狙っているコースです!
薬用オイルに、お肌をピチピチに美しくする赤白檀と
引き締め作用のあるビビータキーとタマリンドを混ぜ合わせ
マッサージをしていきます。
スペシャルな日の為のご準備としても好評です060.gif

a0132702_1741477.jpg

[PR]
by hibikispace | 2009-12-18 17:05 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

小麦 と 牛乳

同じタンパク質でも、
牛乳より小麦の方がコレステロール代謝が良いそうです。

これは、ニュートリゲノミクスで解明された事だと
先日のアーユルヴェーダ学会で科学者の方がおっしゃっていました。

ニュートリゲノミクスとは、遺伝子中のタンパク質・代謝物などを解析して、
食品が体に与える影響を研究する手法です。

なぜ身体にいいのか?を遺伝子レベルで解明し、
体質によって食品の影響を受けやすいか、
そうでないかを突き詰める事ができるので、
各人にあった食事指導が出来るといった研究で、
アーユルヴェーダの体質論にも繋がるかと思います。

さて、小麦といってもパンにはバターが大量に練りこまれていますし、
パスタも油を大量に使って調理しますから。。。
「うどん」がいいですね!
温かくして頂けば、今の時期にはピッタリ!

アーユルヴェーダでは小麦はカファを上げると言われています。
うどんに薬味(生姜・ネギ・七味等)を入れるとピッタが上がり、消化を促してくれます。


しっかり昆布やカツオ出汁等をとって、
塩分を沢山入れすぎないのもポイントです!
塩分もカファを上げると言われているからです。
出汁がきちんと入っていると自然と味が濃くならないはずです。
食べ合わせによって栄養の吸収率が違う事はご存じの通り、
アーユルヴェーダは食べ合わせも重視しています。

牛乳もカファを上げますが、オージャス(生命力)を上げる飲物と言われています。
インドでは聖なる牛の乳ですから、、、
日本人は乳糖(ラクトース)の消化酵素を持っていない方がほとんどなので・・・
牛乳が悪いとは言っていません!
摂り過ぎには注意してくださいね
[PR]
by hibikispace | 2009-12-12 07:00 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

やさしい味

響の近くに「forest fairy」というチーズケーキ専門のお店があります。
そちらのケーキを頂きました!
ティラミス、木苺のクレームダンジュ、チーズシュークリーム
a0132702_18333187.jpg


拝見する限り、ここのご主人はカファ体質の方です。
だからか、こちらのお店のケーキはいつも優しい味で
丁寧に心をこめて作っているのが感じられます。
そして、お店の飾りつけもカファらしく温かい感じです。
シュークリームは注文してから、クリームを詰めてくださいます。

頭がフル回転で疲れているっ!という方、
脳はブドウ糖しか食べられませんから、甘い物でブレイクして下さい。

私は甘い美味しい物を頂くと単純に幸せになります060.gif
幸せを感じるという事は免疫を上げると言われています
食べすぎには要注意ですが015.gif

響の帰りに寄ってみたいという方
お声をかけて下さい!
[PR]
by hibikispace | 2009-12-11 18:33 | everyday | Trackback | Comments(0)