アーユルヴェーダとヨガの融合スペース『HIBIKI』です。2009年8月新所沢にオープンしました。


by hibikispace
カレンダー

2009年 08月 13日 ( 3 )

インドでの研修 その2

私は外国人なので、比較的裕福な扱いとなり、
300ルピーの受付登録を行い、黄色い手帳をもらいました。
5種類(ピンク・青・緑・クリーム)あるそうで、
収入(登録時の支払い)に応じてカルテが違います。
a0132702_161299.jpg


パンチャカルマ(アーユルヴェーダの施術)が受けられるのは
比較的裕福な方で、その余裕がない方は
アーユルヴェーダのお薬を処方してもらって帰ります。
オイルや薬はアーユルヴェーダの製薬会社から購入しています。
a0132702_1623652.jpg


病院内にはハーブ園があり、ピンダやスウェダナに使うハーブは
ここから採取し、スタッフの手作業で行っています。
a0132702_1631118.jpg

[PR]
by hibikispace | 2009-08-13 16:03 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

インドでの研修 その1

以前受けた、1週間のインドでのアーユルヴェーダ研修を
皆様とシェアしたいと思います。

Holy Family Hospitalは、キリスト教系総合病院で、整形外科、内科等と並んで、
アーユルヴェーダ科があります。ホメオバシー科もありました。
a0132702_15514552.jpg

a0132702_15525154.jpg

インドでは、アーユルヴェーダは医学です。
アーユルヴェーダ大学卒業、インターンを経験し、
数回に及ぶ論文が認められないと、医師として診療室を持つことは出来ないそうです。
バット先生はWHO(世界保健機構)のアーユルヴェーダ担当顧問の経験もあり、
インドの首相や政府関係者などからも頼りにされている素晴しい医師で、
正しいアーユルヴェーダの普及活動に毎年講演を開きに来日されます。

バット先生の治療日はいつも多くの患者さんでごったがえしています。
a0132702_15541271.jpg

[PR]
by hibikispace | 2009-08-13 15:54 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)

インドの薬用オイル

私が四年間指導を受けた、麻布十番の師匠より
薬用オイルをわけて頂きましたので、より本格的なトリートメントを
ご提供できることになりました。
問診後、以下の中からオイルを選ばせて頂き、
施術を行っていきます。

PINDA(筋肉疲労が強い方)
BALASWAGANDHADI(血液が汚れている方)
ALUKARADHI(消化器系が疲れている方)
KSHEERABALA(すべてのドーシャの調整)
NARAYANA(冷えが強い方)
TRIPHALADHI(眼精疲労が強い方の頭部)
ASANAMANJISHTADI(頭痛)
SAHACHARADHI (VATA性のコリ)
KOTTAMCHUKADHI (PITTA性のコリが強い方)
ASWAGANDHADHI 免疫力を上げたい方
PRABHANJANAM(腰部・下半身の冷え)
ARANYATULASYADI(皮膚疾患)
a0132702_12351177.jpg


師匠、山口先生主宰の「樂」は都内の駆け込み寺と知られる治療院です。
http://www.rakuclinik.com
[PR]
by hibikispace | 2009-08-13 12:41 | AYURVEDA | Trackback | Comments(0)